【バドミントン部男子】 男子シングルス健闘も全員敗退

Message body
【バドミントン部男子】 男子シングルス健闘も全員敗退
%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%94%E7%94%B7%E5%AD%90%E3%83%8F%E3%82%99%E3%83%88%E3%82%99%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・相手サーブに構える北里>
 10月24日、愛知県一宮市総合体育館にて秩父宮・秩父宮妃杯争奪第68回全日本学生バドミントン選手権大会(個人戦・シングルス1日目)が行われた。関学からは5名が出場。2回戦には吾野(商4)が進出したが、最終セットまでもつれ込む熱戦の末に敗北した。3回戦に駒を進めた北里(総3)は第1セット目を奪うも、相手に逆転を許し敗北。関学の選手は全員が3回戦までで敗退となった。
  あすは同会場にて、個人戦の各種目4回戦以降が行われる。
【試合結果】
・1回戦敗退
中原拓也(商3)
石川泰成(文3)
戸内佑亮(人1)
・2回戦敗退
吾野文人
・3回戦敗退
北里元輝
試合後のコメント
吾野文人主将「関西と関東とを比べても引けを取らない試合がほとんどだった。昔ほど大きな差はないのかなと感じている。しかしダブルスと同様、基礎的なところのレベルの違いが小さな差を生み、あと少しで勝てない原因となっている。これから後輩たちにはバドミントンをできる時間を大切にして、少ない時間で精一杯努力して、今年よりも上を目指し、新たに記録を刻んでほしい。1年間力を貸してくれてありがとう!」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です