【バドミントン部女子】 宇都宮・重信組が4回戦進出!

20171023%25E3%2583%2590%25E3%2583%2589%25E3%2583%259F%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2588%25E3%2583%25B3%25E9%2583%25A8%25E5%25A5%25B3%25E5%25AD%2590%25E9%2580%259F%25E5%25A0%25B1.jpg
<写真・関学で唯一4回戦進出を決めた宇都宮(右)・重信組>
10月23日、愛知県一宮市総合体育館にて秩父宮・秩父宮妃杯争奪第68回全日本学生バドミントン選手権大会(個人戦・ダブルス1日目)が行われた。関学からは7組が出場。宇都宮(社4)・重信(人3)組が唯一、2回戦、3回戦とストレート勝ちで4回戦進出を決めた。ベスト8をかけて試合が行われる明後日へと駒を進めた。
あすは同会場にて、シングルスが行われる。
【試合結果】
・1回戦敗退
赤澤(教4)・渋谷(国1)組
結城(法2)・佐々木(人2)組
上田(文2)・花野(商2)組
・2回戦敗退
北谷(人3)・澤田(教1)組
紅林(経2)・水野(文1)組
・3回戦敗退
三枝(国4)・松本(人4)組
・4回戦進出
宇都宮・重信組
試合後のコメント
宇都宮茉佑女子リーダー「4年間で初めてベスト16入りできて素直にうれしい。個人戦は強い人でも負けることがあるから出だしを意識した。2回戦の出来はそんなに良くなかったけれど、3回戦は思い切って攻めることができた。あさっての試合で1つ勝てれば全日本総合に出られるので自分たちらしいプレーをして戦いたい」
4回戦進出を決めた重信萌夏「とりあえず2日目に残れてホッとしている。3回戦は気負わず、楽しんでやろうと思っていたから焦りはなかった。自分自身は1試合目の入りが良くないが、あさっては一本一本を大切にして楽しみながらプレーをしていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です