【アメリカンフットボール部】 荒天の中、龍大に28-0で完封勝利!

20171022%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%95%E3%83%88%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・開幕戦から5戦連続TDを記録中の山口>
10月22日、兵庫県王子スタジアムにて関西学生アメリカンフットボールリーグ戦(Div.1)第5節が行われた。台風接近のため荒天の中で行われた今試合。関学は昨季4位の龍大と対戦し、28-0で勝利した。第1クオーター(Q)残り9分22秒、#28RB高松(社4)が10㍎ランタッチダウン(TD)を決めると、その後も#34RB山口(商3)のTDもあり、第1Qで14得点と圧倒した。第2Q、残り9分3秒に#84QB前田耕(商4)の34㍎ランTD。さらに、高松が残り4分16秒に今試合2本目のTDを決めた。後半は、主に交代要員が出場するもミスが目立ち無得点、荒天も影響しパス獲得0㍎と沈黙した。ディフェンス陣は最後まで踏ん張り目標としていた完封試合で28-0で試合が終了した。
次戦は11月5日、大阪府万博記念競技場にて昨季3位の関大と対戦する。
試合後のコメント
鳥内秀晃監督「パスを中心に試合を進めたかったが、この雨ではできん。ランは高松、山口以外が頑張ってほしい。全体的に交代メンバーがミスしている。(次戦に向けて)大変やな。ディフェンスも安定してないしこれからが勝負やな」
#70OL井若大知(神4)「2枚目が出た時に点が取れていない。もっとチームの基準を上げていく。この2週間で課題を潰し、弱い自分たちが強い関大にぶつかって、しっかりとものにする」
#44LB松本和樹副将(社4)「これだけ悪い天候の中でまずは勝てて良かった。ディフェンスは完封できたものの、2枚目以下になると相手に進まれてしまう。前節の反省点を生かせなかったのが残念。次は関大とのビッグゲームなので、練習からタックルにこだわって相手の強力なオフェンス陣に対抗したい」
#58DL 藤木秀介副将(社4)「この試合の目標として定めていたのは6TDと完封での勝利だった。だから完封という結果だけ見ると良かった。しかし、これから強い相手とのビッグゲームが続く中でしっかりと気を引き締めなければいけない。次戦の関大はやはり実力がある大学。自分たちとの戦いに向けて万全の準備をしてくると思う。自分たちもしっかりと準備して挑戦者の気持ちでワンプレーワンプレー挑みたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です