【バドミントン部女子】 3年連続インカレ団体ベスト16

20171021%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E5%A5%B3%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・試合後、仲間とハイタッチを交わす重信>
 10月21日、愛知県一宮市総合体育館にて秩父宮・秩父宮妃杯争奪第68回全日本学生バドミントン選手権大会(団体戦1日目)が行われた。
1回戦の東女体大戦はゲームカウント2-2でS3重信(人3)へ。確実にショットを決め、敵を寄せ付けずセットカウント3-2で勝利を収めた。2回戦では秋季リーグ関東4位の法大と対戦。S1上田(文2)、S2蘭(社3)が続けて敗北。D1佐々木(人2)・結城(法2)も流れを変えられずセットカウント0-3で敗れた。これで3年連続の2回戦敗退となり、4年生は最後の団体戦を終えた。
個人戦は23日より同会場にて行われる。
【試合結果】
1回戦 対東女体大
S1蘭★0-2
S2上田☆2-1
D1宇都宮(社4)・重信★0-2
D2佐々木・結城☆2-0
S3重信☆2-0
2回戦 対法大
S1 上田 ★0-2
S2 蘭 ★0ー2
D1 佐々木・結城 ★0ー2
試合後のコメント
宇都宮茉佑女子リーダー「まだこのチームでの団体戦が終わった実感はない。1回戦で自分が負けてしまったのは悔しい。でも、後輩たちが勝ってくれたおかげで2回戦に行けたし、成長を実感できた。やはり関東との差を感じたから、来年はもっと強くなって帰ってきてほしい。この1年間苦しいこともあったが、今のチームが一番自分のバドミントン人生で好きだった。後輩たちには結果も雰囲気も自分たちを超えてもらって、自分が羨ましがるチームにしてほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です