【バスケットボール部男子】 敵なし7連勝! 通算10勝の大台に乗る!

20171015%E7%94%B7%E3%83%90%E3%82%B9.jpg
<写真・15得点11リバウンドを記録した松本>
 10月15日、天理大学杣之内キャンパスにて平成29年度関西学生バスケットボールリーグ戦第14戦が行われ、1巡目10位の立命大に81ー62で勝利した。
序盤から主導権を握った関学はPG堤主将(経4)を中心に得点を重ねる。第2クオーター(Q)に入ってもSF松原(社4)のドライブ、SG中野(法3)の3点シュート、PF松本峻(経1)のリバウンドから得点を重ね、10点リードで前半を折り返した。第3Q残り5分まで相手の流れとなり2桁リードをキープすることが難しくなるも、集中力を切らさなかった。試合終盤まで食らいつく立命大を振り切り、最後は19点差で勝利。7連勝となった。
 次戦は10月21日、立命館大学びわこくさつキャンパスにて1巡目1位の京産大と対戦する。


  1 2 3 4
関学 24 17 21 19 81
立命大 13 18 23 8 62

試合後のコメント
PG堤大喜主将「80点も取れているが、すっきりしない時間が長かった。相手が1勝しかしていなくて気持ちが強い分、粘られた。リードされることはなかったが、リバウンドが取れなかったりシュートが入らないような中だるみの時間があったと反省。次は前回負けた京産大。必ず勝って後半戦は全勝したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です