【硬式野球野】  同大にサヨナラ負け 単独優勝が消滅

20171014%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
〈写真・サヨナラとなる内野安打を放たれ崩れるエース山口〉
 10月14日、兵庫県ほっともっとフィールド神戸にて平成29年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第7節(対同大1回戦)が行われた。関学は延長戦にもつれ込んだ投手戦に敗れ、サヨナラ負けを喫した。両校無得点で迎えた10回裏、エース山口(社4)が左安打を放たれると盗塁を許し、ピンチをつくる。その後も、満塁策で1死満塁とすると、内野安打を許し、それが決勝点となり0-1で敗北。投げては先発の山口が9回1/3を投げ121球7奪三振と好投するも、打線が3度の得点圏を生かせなかった。関学は単独優勝が消滅。神宮大会出場には、ここから5連勝することが必要となる。
次戦はあす、同球場にて、平成29年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第7節(対同大2回戦)が行われる。
【関学】●山口ー浅尾(法4)
【同大】〇福島ー山岸
[二塁打]関学:比嘉(社3)、中西雄(法4)
同大:四川、福原
試合後のコメント

片濱大輝主将(商4)「チャンスがあったのに生かしきれなかった。ピンチもしのげていたのに、ちょっとの差で負けた。ここで負けたら単独優勝がなくなるという場面で、気持ちは十分だったけど、チャンスで力んだり、ピンチで足が動かんかったりした。あした、勝たないと次はない。ピッチャーに負けをつけたんので、取り返して絶対に勝つ」
植松弘樹学生コーチ(社4)「チャンスが多い中、向こうのピッチャーが調子良くて我慢の試合だった。ここから先、試合が続くけど大事な目標は消えるかもしれない。それでも、チームが大切にしている一戦必勝で目の前の1戦を全力でやるしかない」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です