【アイスホッケー部】 1−4で同大に敗北

171008%E3%80%80%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%9B%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・今試合、唯一得点を決めた森井>
10月7日、関西大学高槻アイスアリーナにて第64回関西学生アイスホッケーリーグ戦が行われ、関学は1−4で同大に敗北した。
第1ピリオド(P)開始3分に先制点を同大に奪われ、流れを掴まれた関学。うまく敵陣に攻めこめず同大ペースでの試合が続いた。第2P残り3分にFW森井(商3)が得点を決め、最終Pでの逆転を試みたがチャンスを生かせず1-4で敗北。同大に連勝とはならなかった。これでリーグ戦通算成績を4勝2敗とした。
次戦は10月10日に関西大学高槻アイスアリーナにて京都産業大学と対戦する。
試合後のコメント
打田航介主将(社4)「数的有利な状況もあり、チャンスは作れていたが崩しきれなかった。守備面では、マークミスやプレッシャーの甘さから、相手にいい形で打たれてしまった。チームの雰囲気は悪くないので、きょうの反省を生かして次戦に臨みたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です