【陸上競技部】国体100㍍で多田が優勝!


〈写真・賞状を手にする多田〉
10月7日、第72回国民体育大会2日目が行われ、多田(法3)が成年男子100㍍に出場した。
予選では、10秒39をマークし組1着で通過。続く準決勝も予選を上回る加速を見せ、10秒23の記録で決勝進出を果たした。向かえた決勝、足に痛みを抱えながらも10秒22の好タイムで優勝した。
あすも同会場で大会3日目が行われ、400㍍リレーに出場する。
結果
成年男子100㍍
多田修平
予選1組 1着 10秒39
準決勝1組 1着 10秒23
決勝 優勝10秒22
試合後のコメント
決勝レースを終えた多田修平「優勝できたことは本当にうれしいです。スタートから全然だめで中盤の加速もうまくできなかったので、内容は悪いですが、優勝だけ目指して走ったので良かったです。来季は桐生選手(東洋大)や山県選手(セイコー)に食らいついて、9秒台を出したいです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です