【弓道部男子】 終盤反撃するも開幕連敗

S__51101795.jpg
<写真・20射17中を出した延岡>
 10月1日、近畿大学弓道場にて平成29年度関西学生弓道リーグ戦第4節が行われた。関学は近大と対戦し、112中-127中(全160射)で敗北した。
 1立目に22中-28中(全32射)とリードを許す。巻き返しを図りたい関学だったが、3立目で後立が9中(16射)を出してしまい、差が開いた。5立目で川原田(社1)、古田(法1)、五十嵐(経4)、嶋本(総4)が皆中を出すも、反撃及ばず。112中-127中(全160射)で開幕連敗となった。
 次戦、第5節(対立命大)は10月8日、立命館大学弓道場にて行われる。
試合後のコメント
川瀬優志副将 (商4)「持っているものを十分に出し切れなかった。試合に出るメンバーに頼らず、全員が試合に出るという意識を持ってほしい。次節は組織として勝てるよう、練習、日頃の生活から頑張っていく」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です