【バレーボール部男子】 大体大に3-1で勝利し、下位リーグ連勝!

20171001%25E3%2583%2590%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259C%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB%25E9%2583%25A8%25E7%2594%25B7%25E5%25AD%2590%25E9%2580%259F%25E5%25A0%25B1.jpg
<写真・第4セット、得点が決まり円陣を組む選手たち>
 10月1日、大阪産業大学にて2017年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ第7戦(対大体大)が行われ、関学はセットカウント3-1で勝利し、下位リーグ連勝スタートとなった。
 第1セットは相手のミスにも助けられ25-22で先取し、第2セットも勢いそのままに25-20で獲得。第3セットは勝負所で決め切ることができず23-25で落とした。だが、第4セットを25-21でしっかりと勝ち切り、セットカウント3-1で大体大を下した。
 次戦は10月14日、大阪体育大学第4体育館にて同大会第8戦(対甲南大)が行われる。
試合後のコメント
菰方大貴主将(社4)「きょうはセットを取られた後の出だしが良くなかった。今は結果よりも内容を重視している。それぞれがチームの雰囲気をしっかりと考えて動かないといけない。ただ、サポーターがしっかりと声を出しメンバーのことを考えて動けていた。予選リーグよりもチームの一体感が出てきたと思う。残り3戦も内容を大切にして戦っていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です