【アイスホッケー部】京産大に快勝

DSC_0293%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
<写真・最終P、今季初得点を決めた打田主将>
 10月1日、滋賀県立アイスアリーナにて第64回関西学生アイスホッケーリーグ戦が行われ、関学は3-0で京産大に勝利した。
 第1ピリオド(P)9分、FW三小田(教2)のシュートで先制点を奪い試合のペースをつかんだ関学。第2PでもFW赤嵜(文3)の得点でリードを広げる。迎えた第3P、開始9分に赤嵜が相手選手に激しいチェックを行うと危険行為とみなされ退場。主力選手が1人欠ける中での戦いとなったが、攻撃の手を緩めず残り1分には打田主将(社4)も今季初得点を決め、勝利をつかんだ。これで関学はリーグ通算成績を2勝1敗とした。
 次戦は10月2日、兵庫県尼崎スポーツの森にて神戸大学と対戦する。
試合後のコメント
木原祐哉副将(経4)「コンディションが良くない中、しっかり走れていた。一人一人自分たちの役割を果たせていた。明日の試合は4年生が内定式で変則的なメンバーになると思うが、やることは変わらない。2、3年生を中心にしっかりやってくれると思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です