【バレーボール部男子】 天理大に快勝し、連敗を3で止める

20170930%E7%94%B7%E3%83%90%E3%83%AC%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・得点を決め喜ぶ選手たち>
   9月30日、大阪体育大学第4体育館にて2017年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ第6戦(対天理大)が行われ、関学はセットカウント3-0で勝利し、連敗を3で断ち切った。
 第1セットは中盤ではリードを許すも実力の差を見せ、25-23で先取。第2セットでは大差をつけて25-17で終える。第3セットでは連続得点を決めるなど勢いをそのままに勝利し、ストレートで天理大を下した。
 次戦はあす、大阪産業大学にて同大会7戦(対大体大)が行われる。
試合後のコメント
菰方大貴主将(社4)「下位リーグが久々なので、水曜日に練習をやめてミーティングをした。下位リーグになったということはこのままではダメだということなので、調子の良かった春と何が違うのかを考え、試合に臨むようにしていった。下位リーグになった以上はモチベーションの維持は難しくなってしまったが、今から狙える最高の7位よりはインカレを見据えて内容を重視していっている。結果よりも内容や雰囲気を大事にして、コンビバレーをしっかりやっていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です