【アイスホッケー部】関大に0-9で大敗

_DSC7103.JPG
<写真・失点後、ゴール前に集まる選手たち>
 9月28日、関西大学高槻アイスアリーナにて第64回関西学生アイスホッケーリーグ戦が行われ、関学は0-9で関大に敗北した。
 第1ピリオド(P)開始3分に先制点を決められると、自陣でのプレーが続いた関学。第1Pだけで4点を奪われると、味方の反則によりさらに苦しい状態へ。フォワードのパスも繋がらず、無得点に終わった。GK笠間(社3)、代田(教4)がゴールを守るも9失点。昨年度関西王者の関大撃破とはならなかった。
次戦は10月1日、滋賀県立アイスアリーナにて京都産業大学と対戦する。
試合後のコメント
打田航介主将(社4)「試合序盤から関大にガツガツ攻められて、圧倒されてしまった。終始ディフェンスに助けられた試合だった。次戦は関大を見習い、立ち上がりからしっかり攻めていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です