【弓道部女子】 リーグ初戦を15中差で勝利!

DSC_0050.JPG
<写真・チームトップの18中を出した東田>
 9月24日、同志社大学弓道場にて平成29年度女子関西学生弓道リーグ戦(2部)初戦が行われた。関学は神大と対戦し、59中-44中(全80射)で勝利した。
先月の全国団体3位を果たした主力メンバー、東田(商4)、岡田那(商2)、金子(国1)らが出場した 。1立目で5中差をつけると、メンバーで唯一の4年生、東田の3度の皆中などで15中差で勝利。一度も神大にリードを許すことなくリーグ初戦を白星で飾った。
 次戦は10月1日、関西学院大学弓道場にて同大と対戦する。
試合後のコメント
村上萌女子主将(教4)「台風で1週間延びたが、準備期間が増えて良かったと思う。雰囲気は良く、応援の声も出ていたと思う。59中は今までの関学の中ではまだまだ。次戦はホームなのでいつも通り引けることが大きい。60中以上出せるように、一体感を持ってやっていく」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です