【フェンシング部】 団体戦男子エペが3位!

0922%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E9%83%A8.jpg
<写真・表彰式で表彰状とトロフィーを受け取る(右)野田と(左)鷹野>
 9月21日、愛知県豊橋市総合体育館にて、2017年度関西学生フェンシング選手権大会が行われ、大会4日目のきょうは団体戦男子エペ、団体戦女子サーブルが行われた。女子サーブルはシードのため2回戦から出場し、3回戦へ駒を進めた。リードされるも1点差まで追い上げたが及ばず、同大に38ー45で敗北。インカレ出場を逃した。男子エペもシードのため3回戦から出場した。京産大には45ー29で圧勝し、準決勝へ進出。だが、龍大には終始リードされ34ー45で敗北した。3位決定戦では同大と対戦し45ー40で勝利したため、3位となった。
 あすは同会場にて団体戦男子サーブル2回戦まで、団体戦女子サーブル2回戦までが行われる。
 
試合後のコメント
佐々木優芙サーブルリーダー(社4)「不甲斐ない。同大に負け、インカレに届かず団体戦が終わってしまった。目標に届かずとても悔しい。だが、プレッシャーがあり初めて出るメンバーがいる中で、関大戦ではいい流れで勝利できた。スタメンで出場した2年生にとっては良い経験になったと思う。実力はあるので、メンタルの調整をしっかりすれば、来年や再来年にはもっといい形で団体が組める。来年のリーグを見据えて後輩を指導しつつ、残されたインカレの個人戦に向けできることを頑張りたい」
野田遼介エペリーダー(商4)「もったいなかった。3位という結果では喜べない。同大戦では悪い面を修正できたが、龍大戦では相手と噛み合わず、崩れてしまった。練習の際にも工夫し、技術的にも精神的にも以前より強くなっている。だが、試合になると練習してきたことを100%出しきれていないので、インカレまでに改善し、関東勢に負けないよう、まずは1勝を狙う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です