【硬式野球部】 立命大に完敗するも収穫あり!

20170918%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・立命大に敗れ整列してあいさつする関学の選手たち>
 9月18日、大阪市南港中央球場にて平成29年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第3節(対立命大1回戦)が行われた。投げては先発の山口(社4)が1回と2回に合わせて2失点。3回以降は、8回まで無失点に抑える。9回に長谷(商4)が約1年ぶりに登板。しかし、一死満塁のピンチを作り降板となった。関学は0ー5で敗北。打線は、先日プロ志望届を提出した左腕東に3安打と沈黙した。
 あす、同球場で10時30分より対立命大2回戦が行われる。
【関学】⚫山口(1勝1敗)、長谷、藤井涼(法3)ー佐竹(法4)、浅尾(法4)
【立命大】○東(2勝0敗)ー大本
[二塁打]立命大:大本
試合後のコメント
木内監督「立ち上がりに積極的に打たれた。立命大の東のピッチングでは2点取り返すのも難しいことが分かった。でも、春よりは何とかなると思えた。春は初球フライが多かったが、今は強いゴロを打っている。相手に押されつつも、流れがくれば勝機はある。あすの山上もいいピッチャーだが、立ち上がりを最小失点で抑えて勝ちたい」
片濱大輝主将(商4)「完敗した。負けたって感じ。狙い球を打とうとしていたが、相手はもう1つ上手だった。あした、しっかり勝って、作戦を練り直してもう一度、東と対戦したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です