【バドミントン部男子】京産大に勝利し、準優勝!

20170918%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・準優勝に輝いた選手たち>
 9月18日、立命館大学大阪いばらきキャンパスにて平成29年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦最終戦(対京産大)が行われた。第1シングルスの北里(総3)、第2シングルスの中原(商3)が粘りのプレーで続けて勝利。あと1勝すれば勝ちが確定する中、第1ダブルスの池田(法4)・石川(文3)ペアが熱戦の末、2-1で京産大に勝利を収めた。その結果、ゲームカウント3-0で関学の完全勝利となり、今季リーグ戦4勝1敗で準優勝に輝いた。
本日の結果
S1 北里☆2-1
S2 中原☆2-0
D1 池田・石川☆2-1
試合後のコメント
吾野文人主将「準優勝ということに悔しさは残るが、ここ数年の関学の成長とプライドを証明できた。また、連戦の中、応援と気持ちで引っ張ることができ、力を出し切れた。1ヶ月でさらにレベルアップし、出来るところまで詰めてインカレでその力を発揮できるようにしたい。そして、4年間の集大成として、悔いのないように戦い抜きたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です