【バレーボール部男子】 予選リーグまさかの2敗目

20170916%E7%94%B7%E3%83%90%E3%83%AC%E9%80%9F%E5%A0%B1%E7%94%A8%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG
<写真・悔しそうに顔を歪めるS片ノ坂(商4)>
9月16日、立命館大学大阪いばらきキャンパスにて2017年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ第3戦(対龍大)が行われ、関学はセットカウント1-3で敗北し、今季2敗目となった。
第1セットは序盤からリードを奪われ19-25で落とす。巻き返したい第2セットではWS隈部(法3)が交代で入るも19-25で落とした。第3セットでは中盤に4連続得点を決め、25-22で逃げ切る。続く第4セットは6連続得点を決められ、最後まで勢いに乗れず23-25で試合終了。セットカウント1-3で敗北した。
あす京都産業大学にて行われる予定だった同大会(対同大)は台風の影響により延期が決定した。
試合後のコメント
菰方大貴主将(社4)「チームに余裕がなかった。攻撃のテンポが早い龍大相手に遅れないよう練習したが、好き放題させてしまった。ジャンプサーブに対応できず、プレーがばたついた。決められるはずの点が決まらなかったのが敗因。リードしていても勝っている雰囲気がなく終始勢いに乗れていなかった。もう負けられない。プレッシャーに打ち勝って上位リーグ進出を狙う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です