【バドミントン部女子】 同大に敗北し、初黒星

20170916%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%80%80%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・ 第2ダブルスで勝利した宇都宮(右)・村田ペア>
 9月16日、近畿大学体育館にて平成29年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦第4戦(対同大)が行われた。第1シングルスの上田(文2)、第2シングルスの蘭(社3)が続けて敗北。あと1敗すれば負けが確定する中、第1ダブルスの宇都宮(社4)・村田(経1)ペア、第2ダブルスの佐々木(人2)・結城(法2)ペアが連勝し、勝負は第3シングルスの紅林(経2)へまわった。粘りを見せるも、0-2で敗れ、ゲームカウント2-3で同大に敗北。リーグ4戦目にして、初の黒星となった。
次戦は9月18日、立命館大学体育館にて同大会最終戦が行われる。
本日の結果
S1 上田★1-2
S2 蘭★0-2
D1 宇都宮・村田☆2-0
D2 佐々木・結城 ☆2-0
S3 紅林★0-2

試合後のコメント
女子リーダー宇都宮茉佑「一人一人が自分が絶対1本取るというプレッシャーから守りに入ってしまうという、いつもの関学の負け方だった。優勝できる実力はある。その力を発揮できるように切り替えて、良い状態で最終戦に挑みたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です