【卓球部】男子2位、女子3位で秋季リーグを終える

_DSC3647.JPG
<写真・表彰式後、笑顔で記念撮影をする卓球部>
 9月14日、兵庫県ベイコム総合体育館にて平成29年度秋季関西学生卓球リーグ戦最終日が行われた。男子は近大と対戦し、2−4で敗北。女子も近大と対戦し、4ー3で勝利した。
 男子は全勝で臨んだ最終戦。第1シングルスの田中(商4)が破れるも、第2、3シングルスの卯木(法2)、大西尚(商1)が連続で勝利し、流れを引き戻す。だが続くダブルスでは1−3で敗北。高橋がフルセットまで粘るもあと一歩届かず4季連続の優勝とはならなかった。
 女子は向山(人4)が初戦に勝利すると、ダブルス終了時点で3−1に。第5、6シングルスの宮脇(国2)、小脇(社1)が共にフルセットで勝利し、秋季リーグを3位で終えた。
  本日で秋季リーグ戦全日程が終了し、男子は1部リーグ2位、女子は1部リーグ3位の結果に終わった。
試合結果
男子
対近大 2-4★
①田中2-3★
②卯木3-1☆
③大西3-0☆
④廣田(経2)・田中1-3★
⑤高橋(商2)2-3★
⑥備本(経3)1-3★
女子
対近大4-1★
①向山3-2☆
②池上(教3)0-3★
③青木(社3)3-0☆
④新谷(法4)・向山3-0☆
⑤宮脇3-2☆
⑥小脇3-2☆
試合後のコメント

田中豪主将「勝負どころ、競った試合をものにできなかった。ミスに対してナーバスになっていたから、自分のプレーが縛られてしまっていた。改善しようとする指摘はネガティブなものが多い。だからこそ、もっとポジティブに声かけする必要があった。後輩たちには受け身にならず向かっていく姿勢を忘れないでほしい。いいところはしっかり伸ばして、優勝目指して頑張ってほしい」
向山佳那女子主将「きょうがこのメンバーでできる最後の試合で全力で楽しもうと言ってきた。最後まで勝ちたい気持ちは変わらずそれを全面に出せたと思う。3位という結果は1点の重みを感じさせられたし、全勝すれば優勝は確実だった。後輩にはこの結果を超えてほしいので、もっと上を目指して頑張ってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です