【庭球部女子】 王者陥落 リーグ戦3位で引退

20170910%E5%BA%AD%E7%90%83%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・閉会式で引退する4年生を囲み、記念撮影をする選手たち>
 9月10日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、平成29年度関西大学対抗テニスリーグ戦が行われた。第5戦は関大と対戦。ダブルス1本のみしか奪えず、1-4で敗れた。
ダブルス2(D2)の観音堂(社4)、藤原(国3)組が、6-3、7-5で勝利し、ダブルス終了時で1-1。関西制覇、王座進出の望みは、シングルス3本に託された。シングルス3(S3)の前田(人3)は、1-6、2-6と相手に圧倒され、ストレート負け。シングルス2(S2)の窪村(国4)も、満身創痍で戦ったが3-6、4-6で敗れた。シングルス1(S1)の栗本(社3)は、2-6、0-6と格上相手に粘ることもできなかった。関学は1-4で敗北。関大の創部初優勝を許す形となった。昨年、奪還した王者の地位は陥落し、8年連続王座進出を逃した。
 4年生は今大会で引退となった。
試合結果
★D1栗本・前田3-6、5-7
☆D2観音堂・藤原6ー3、7-5
★S1栗本麻菜4-6、0-6
★S2窪村有真3-6、4-6
★S3前田友花1-6、2-6
試合後のコメント
竹浪史華主将(商4)「正直、王座に行きたかった。目標達成できなかったことが悔しい。きょうも、厳しい戦いになったがチーム一丸となって戦えたと思う。私たち4年生は、プレーヤーが少なかったが、ベンチコーチや応援、サポートで自分たちから声を出して行くことを意識した。みんながチームのために、1人ひとり頑張った結果だと思う。後輩たちには、最後まで諦めずに全力で頑張ってほしい。そして、自分たちのできなかったことを達成することを願っている」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です