【庭球部男子】 シングルスで苦しむも9ー0で全勝!

0906%E5%BA%AD%E7%90%83%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90.jpg
<写真・フォアで打ち返す高田>
 9月6日、龍谷大学瀬田キャンパステニスコートにおいて、平成29年度関西大学対抗テニスリーグ戦(2部)が行われた。第3戦は龍谷大と対戦し、9ー0で圧勝した。ダブルス3(D3)として出場した浮田(法4)、神谷(経3)組は、0-2から6ゲーム連取で6-2で第1セットを奪う。続く第2セットでも浮田のボレーが決まり、ラブゲームで勝利を決めた。シングルス4(S4)で出場した高田(経3)は雨で重くなったボールと、いつものハードコートとは違うオムニコートに戸惑い、第1セットは7ー5と苦戦。だが、後半で左利きの相手を攻略し、クロスからの展開。角度をつけたクロスでオープンコートをつくり、相手を惑わせ6ー1で勝利した。
 次戦は9月8日、関西国際大学三木キャンパステニスコートにて関西国際大と対戦する。
 
試合結果
☆D1田中(文3)・山口(神3)6ー1、6ー2
☆D2土田(経4)・本間(経3)6ー3、6ー2
☆D3浮田(法4)・神谷(経3)6ー2、6ー0
 
☆S1本間春樹(経3)7ー5、3ー6、6ー2
☆S2田中伸治(文3)7ー6(4)、6ー4
☆S3山口大智(神3)6ー1、6ー1
☆S4高田直幸(経3)7ー5、6ー1
☆S5土田啓太(経4)7ー5、6ー2
☆S6田中洋太(法3)6ー1、6ー4
 
試合後のコメント
浮田光貴主将「疲れもあり厳しい試合だったが、最終的に9-0で勝ててよかった。特に本間はS1で出場していて、相手が毎回強く重圧もあると思う。ダブルスにも出場してるのでその疲れもある。土田もメディカルタイムアウトをとっていた。あと残り2戦、オーダーのバランスを崩さず全勝したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です