【剣道部女子】 ベスト8も課題の残る大会に

20170528%E5%89%A3%E9%81%93%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
< 写真・代表戦で1本勝ちした岡田>
 5月28日、 福岡大学第一記念会堂にて第32回西日本女子学生剣道大会が行われた。
 3回戦では、同点で延長戦にもつれ込み、代表戦で岡田(法4)が1本勝ち。1勝5分で環太平洋大学短期大学部に辛勝した。準々決勝では、千原が先手を打つも、逆転を喫し2本負け。大教大に1敗4分で敗北し、ベスト8で今大会を終えた。
【本日の試合結果】
3回戦 対環太平洋大短期大学部
千原(教3)引き分け
浅見(人2)引き分け
住野(人3)引き分け
山田(国4)引き分け
岡田(法4)引き分け
岡田 1本勝ち
準々決勝 対大教大
葛生 (法2)引き分け
住野 引き分け
千原 2本負け
山田 引き分け
岡田 引き分け
試合後のコメント

女子リーダーの岡田春希「1本取る力がないと感じた試合だった。ここぞという場面で打てなかったことが敗因。ベスト8という結果は良かったが、大教大戦では惜しいと思う攻撃もあった。もう1つ勝ち上がれていたと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です