【庭球部男子】 残るは男子シングルスのみ

170523%20%E5%BA%AD%E7%90%83%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・あす男子シングルス3回戦に出場する本間(経3)>
 
 5月23日、大阪府靭テニスセンターにおいて、平成29年度関西学生春季テニストーナメント(本戦)が行われた。大会2日目は男子シングルス3回戦、男子ダブルス2回戦が行われ、男子シングルスに2人、男子ダブルスに5組が出場。吉田(商3)、田中伸(文3)が強豪・関大の選手に善戦するも敗退。本日、男子シングルス2回戦に出場する予定だった本間の試合はあすに延期となったため、関学から男子シングルスに出場する選手は本間のみとなった。ダブルスもインカレ出場を懸け、熱戦が繰り広げられるも全ペアが敗退。関学からダブルスのインカレ出場は無くなった。
  あす、男子シングルス3回戦に本間が出場する。3回戦の結果により、4回戦もあす行なわれる。また、本日男子シングルスで敗北した、吉田と田中伸がインカレ予選選考トーナメントに回る。
 
男子シングルス本戦3回戦
吉田1ー2(6ー7(4)、6ー3、2ー6)
田中伸0ー2(6ー7(3)、1ー6)
男子ダブルス本戦2回戦
山本(人3)・山口(神3)1ー2(3ー6、7ー5、12ー14)
天野(文2)・深井(法2)0ー2(1ー6、0ー6)
神谷(経3)・本間2ー0(4ー6、6ー7(5))
田中洋(法3)・高田(経3)0ー2(0ー6、2ー6)
田中伸・吉田0ー2(4ー6、4ー6)
 
試合後のコメント
あす男子シングルス3回戦に出場する本間「調子は悪くない。連戦となりしんどいが、勝つ気持ちで体を強引に動かしてポイントを一つ一つ取っていきたい。ポイントを重ねて1つずつ勝利に近づけるよう、作戦を立てて自分のテニスをしたい。先を考えずに試合に勝つことだけを考えて勝ちにこだわりたい。目の前のポイント一つに集中して今できることをする」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です