【庭球部女子】 女子シングルス 関学勢全員敗退

20170522%E5%BA%AD%E7%90%83%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・女子シングルス2回戦で敗退となった稲垣>
 5月22日、大阪府靭テニスセンターにおいて、平成29年度関西学生春季テニストーナメント(本戦)が行われた。大会2日目は女子シングルス2回戦が行われ、関学からは竹浪(商4)、窪村(国4)、稲垣(教4)、栗本(社3)の4選手が出場。稲垣は第2セットで粘りを見せるも力及ばず敗退。稲垣に加え出場した全4選手が敗れ、きょうで関学勢は全員敗退となった。
 あすは女子ダブルス1回戦が行われる。
女子シングルス本戦2回戦
竹浪0-2(2-6、3-6)
窪村1−2(6−4、2−6、4−6)
稲垣0−2(2−6、6−7)
栗本0−2(2−6、3−6)
試合後のコメント
稲垣希実子副将「練習が全然できていなくて最低レベルで臨んだ。きのうも、フルセットで体もしんどい状態だった。(2日目で全員敗退については)初日で半分になったので、リーグ戦に向けて危機感しかない。(あすのダブルスは)ダブルスペアと話し合って、1球1球を大事に臨みたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です