【レスリング部】  リーグ戦連勝で好発進!

170520%20%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・リーグ戦デビューを白星で飾った今村>
 5月20日、大阪府堺市金岡公園体育館にて平成29年度西日本学生レスリング春季リーグ戦第1日目が行われた。第1戦は帝塚山大に対し、4つのテクニカルフォール勝ちで4-3で辛勝。第2戦の桃学大戦は1番手の内倉(人1)がテクニカルフォール負けで倒れるも、2番手の弓削(法2)が2分40秒で相手を仕留めフォール勝ち。5番目に出場した茶圓(人4)は接戦となったが1ポイント差で勝ち、関学の勝利を決定づけた。最後に出場した今村(法1)は1分間にローリング5回で相手を圧倒。5-2で勝利し、リーグ戦1日目を連勝で終えた。
試合後のコメント
茶圓要主将「後輩たちが勝ってチームにいい流れが来た。桃学大戦では最上級生の天河(法4)を筆頭にチームを盛り上げてくれたと思う。上級生が勝つことで盛り上がるが、今試合は全体的に勝ってくれて、全員でチームの士気を高められた。きょうは相手に対策を取られていて思うようにいかなかったが、あす勝ったら1部昇格できるので自分は主将として勝ってチームを盛り上げたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です