【ラクロス部男子】 神大に勝利し、トップリーグ優勝!

20170520%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E7%94%B7%E5%AD%90.JPG
<写真・試合後賞状をもらう山下主将>
 5月20日、鶴見緑地スタジアムにて第1回関西学生男子トップリーグ戦決勝が行われ、関学は神大に7ー6で勝利した。第1Q(クオーター)12分にAT中田(法4)が先制点を決めると、MF山下(経4)、AT阿萬野(総3)などが得点を決め、6ー1で前半を折り返す。だが、後半は反撃を試みる神大に失点を許し、7ー6で試合終了。勝利したものの納得のいかない試合となった。
試合後のコメント
山下悟史主将(経4)「前半はペースをつかんで、6点差をつけることができた。だが、後半はオフェンスがゲームコントロールができず、失点が続いてしまった。圧倒的な点差をつけて勝利したかったので悔しい。今年は爆発力があるチームだと思う。練習の強度もあげて、関東を倒せるように頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です