【体操部】 全日本インカレに男女ともに2名ずつ出場決定

20170514%E4%BD%93%E6%93%8D.JPG
<写真・試合後、笑顔で撮影に応じる選手たち>
 5月14日、和歌山県立体育館にて第67回西日本学生体操選手権大会最終日、体操競技の部が行われた。
本日は男子が団体戦に出場。総合得点341.700で予選敗退となったが、敗退校から選ばれる個人総合の部門で水川(人4)が70.450で11位、臼井(人2)が74.100で2位となり、全日本インカレ個人戦への出場を決めた。また女子からは原(教2)、成瀬(国2)が出場権を獲得。計4名が8月に行われる同大会に出場する。
試合後のコメント
中川結月主将(教4)「(4月の)関西インカレでの反省をうまく生かし、出来は良かったと思う。今年は昨年の1部校が2校降格し、非常に厳しい年だった。団体での出場はかなわなかったが、個人戦に駒を進めた2人には全日本で最高のパフォーマンスを出せるように、主将としてサポートしていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です