【ラクロス部男子】 トップリーグ 立命大に勝利し決勝進出!

2017050506%E7%94%B7%E3%83%A9%E3%82%AFjpg.jpg
<写真・試合前に気合を入れるメンバーたち>
 
 5月6日、鶴見緑地スタジアムにて第1回関西学生男子トップリーグ戦準決勝が行われ、関学は立命大に7ー6で勝利した。第1Q(クオーター)に先制点を決められたが、MF飯田(商2)が2得点を挙げ前半を2ー4で折り返す。後半はシーソーゲームとなり、第4Qで6ー6となったが残り4分でMF橋本(商3)が決定弾を決め、7ー6で勝利した。
 次戦は5月20日、鶴見緑地スタジアムにて神大との決勝戦が行われる。
試合後のコメント
山下悟史主将(経4)「1回戦で出た課題を潰してよいリズムでオフェンスができた。だが、決定力に欠け得点を重なることはできず、DFも甘い失点が続いた。前半はなかなか思うように試合運びはできなかった。途中落雷というアクシデントもあったが、そこで集中力を切らすことなく逆転し、勝ち切れたことは収穫。学生日本一という目標を掲げている以上、ここでの優勝は外せない。ここで関西を獲り、学生日本一へ一歩前進する

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です