【ラクロス部男子】 トップリーグ 阪大に勝利し一回戦突破!

0503%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90.jpg
<写真・2得点目を決め、笑顔でガッツポーズをする小谷>
 5月3日、京都府宝ケ池球技場にて第1回関西学生男子トップリーグ戦が行われ、関学は阪大に5ー4で勝利した。第1Q(クオーター)に先制点を決められるもAT小谷(商3)やAT石村(商2)がゴールを決め前半を3ー1で折り返す。第3QにAT阿萬野(総3)、MF橋本(商3)が得点を重ね、第4Qで失点するも見事逃げ切った。
 次戦は5月6日、鶴見緑地スタジアムにて立命大との準決勝が行われる。
 
試合後のコメント
山下悟史主将(経4)「勝てたことはよかったが、試合運びはよくなかった。オフェンスでリズムをつくっても相手にボールを取られ、ディフェンスの時間が長くなってしまった。緊張感に呑まれてしまい、自分たちで自滅してしまった。3日後の準決勝は厳しい戦いになるが、自分たちのリズムで戦っていく」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です