【水上競技部競泳パート】 日本選手権初出場の佐多 「泳ぎ直したい」

20170415%E6%B0%B4%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80%E9%83%A8%E7%AB%B6%E6%B3%B3%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・男子50㍍背泳ぎ予選に出場した佐多>
 4月15日、愛知県日本ガイシアリーナにて、第93回日本選手権水泳競技大会 競泳競技3日目が行われた。日本選手権初出場の佐多直浩(経1)男子50㍍背泳ぎ予選に出場。26秒60を記録した。大学初の大会で自己ベストを出したいと意気込むも、あと0.13秒及ばなかった。
 あすも同会場にて大会4日目が行われ、200㍍平泳ぎ予選に大谷洸(社1)が出場する。
記録は次の通り
50㍍背泳ぎ予選
21位 佐多直浩 
試合後のコメント
佐多直浩「いつもは25㍍ぐらいからペースを上げていくのに、上げることができなかった。大学に入って初めての試合で自己ベストを出したかった。泳ぎ直せるならもう一度泳ぎたい(次戦、関関戦について)中学部のときから経験している。応援もしっかりとし、ベストを尽くして泳いでいきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です