【水上競技部競泳パート】 平松が200㍍自由形予選で自己ベスト

20170414%E6%B0%B4%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80%E9%83%A8%E7%AB%B6%E6%B3%B3%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・大舞台で自己ベストを記録した平松>
 4月14日、愛知県日本ガイシアリーナにて、第93回日本選手権水泳競技大会 競泳競技2日目が行われた。日本選手権初出場の平松聖隆(商1)が200㍍自由形予選に出場。有力選手が並ぶ中、序盤は思うようなタイムが出せないが後半ペースをあげた。1分53秒16を記録。自己ベストだが、予選敗退となった。
 あすも同会場にて大会3日目が行われ、50㍍背泳ぎに佐多直浩(経1)が出場する。
 記録は次の通り
200㍍自由形予選
36位 平松聖隆
試合後のコメント
200㍍自由形予選に出場した平松聖隆「オリンピック選手などの有名な選手がいる中で泳ぐことができていい経験ができた。ベストだが、目標の52秒台には届いていない。次戦は関関戦なので関学の勝利に貢献できるようなレースをしたいと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です