【カヌー部】 夏への課題残る

20170326%E3%82%AB%E3%83%8C%E3%83%BC%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・{Kー2}1000㍍で優勝した栗原(左)・山添(人3)組>
 3月26日、香川県府中湖カヌー競技場にて、2017年度海外派遣選手最終選考会(兼)第27回府中湖カヌーレガッタが行われた。社会人や、日本代表選手が参加するハイレベルな大会となっているが、{Kー1}1000㍍では、栗原(法3)がA決勝で7位と健闘。女子も{WKー1}500㍍で2名がB決勝に出場し、西村み(法3)が4位、河原(商2)が7位となり本日の試合を終えた。
試合後のコメント
吉田副主将(法3)「社会人や日本代表選手もいるなかで、男子4人が決勝進出できたことは大きい。いつもは試合前に調整をするが、今回は追い込んだことが良い結果につながった」
西村み女子リーダー「他大学と比べて、決勝に進出している艇数が少なかった。だが、実力は確実に上がってきている。夏までにしっかりと調整していきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です