【庭球部女子】 シングルスで前田ベスト4入り

20170307%E5%BA%AD%E7%90%83%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・力強くラリーを続ける前田>
 
 3月7日、大阪府万博テニスガーデンにおいて、平成28年度関西学生新進テニストーナメント(本戦)が行われた。大会5日目は女子シングルス、ダブルス準々決勝が行われ、関学からはシングルスに2人が出場。前田(人2)がベスト4入りを果たした。また、ダブルスに2組が出場したがベスト8で敗退となった。
  あすは同会場で女子シングルス準決勝が行われる。
 
女子シングルス本戦準々決勝
前田2−0(6−1、6−1)
高本(商1)2−0(4−6、2−6)
女子ダブルス本戦準々決勝
稲垣(教3)・観音堂(社3)1−2(1−6、7−6、3−10)
河野(商2)・前田1−2(2−6、7−5、4−10)
 
試合後のコメント
シングルスでベスト4入りを果たした前田友花「上がってくると思っていた選手が上がってこなかったのでラッキーだった。だが、格上の選手を倒して調子のいい相手だったので、しっかりとラリーをして流れをつかんだ。あしたも勝ちます」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です