【庭球部男子】  男子ダブルスで山本・山口ペアがベスト8入り

20170306%E5%BA%AD%E7%90%83%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・ベスト8入りを果たした山本(左)・山口ペア>
 3月6日、大阪府万博テニスガーデンにおいて、平成28年度関西学生新進テニストーナメント(本戦)が行われた。大会4日目は男子シングルス4回戦と男子ダブルス3回戦が行われた。関学からはシングルスで土田(経3)が出場するも敗退。ダブルスでは山本・山口ペアが勝利し、自身初のベスト8入りを果たした。
男子シングルス本戦4回戦
土田(経3)0−2(5-7、0-6)
男子ダブルス本戦3回戦
山本(人2)・山口(神2)2ー0(6-2、6-4)
  あすも同会場で男子ダブルス準々決勝が行われる。
試合後のコメント
ナイスサーブで勝利に導いた山本桐生「きょうは調子が良かったので山口を引っ張って大事なところで決めようと思っていた。ここまで勝ち上がることが出来たのでいけるところまで勝ち上がりたい」
応援を背に戦い抜いた山口大智「山本の状態が良かったので、邪魔せずにどれだけいい状態で第2セットに入れるかが鍵になっていた。応援に勇気づけられて緊張もほぐれた。もうここまで来たのでいけるところまでいきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です