【水上競技部競泳パート】 1日目は甲谷が男子100㍍バタフライで優勝!

20170304%E7%AB%B6%E6%B3%B3.JPG
<写真・男子100㍍バタフライで優勝し、仲間へピースサインをする甲谷直希>
 3月4日、京都アクアリーナサブプールにて第39回関西学生春季室内選手権水泳競技大会が行われ、甲谷直希(人2)が男子100㍍自由形で優勝を果たした。他にも男子50㍍自由形で齊藤大己(社3)が、男子100㍍背泳ぎで三坂一真(商1)が3位入賞。しかし、ベストタイムを更新した選手が甲谷と原田明日翔(社1)のみと満足は出来ない結果となった。3位以内の選手は以下の通り。
男子50㍍自由形
3位 齊藤大己
男子100㍍背泳ぎ
3位 三坂一真
男子100㍍バタフラ イ
優勝 甲谷直希
試合後のコメント
鵜飼夏也人(国3)主将「少しベストタイムの更新率が低いと感じた。日本選手権前の短水路大会は数が少なく、この大会で標準タイムを突破したかったが物足りない。明日は全員がベストタイムを更新する気持ちで泳いで欲しい。他大学は前半から積極的な泳ぎで良い記録を出していたので積極性も求めていきたいです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です