【レスリング部】   1部昇格一歩届かず

161204%20%E3%83%AC%E3%82%B9%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・2位が決まり客席に挨拶する北條>
 12月4日、大阪府堺市金岡公園体育館にて平成28年度西日本学生レスリング秋季リーグ戦第2日目が行われた。第1戦は大体大大と対戦し、7ー0で完勝。第2戦は桃学大に対し6ー1で難なく勝利を収めた。最終戦は1部から降格した九共大と全勝対決。4年生3人が3連敗し0ー3の劣勢。花岡(法2)がフォール勝ち、弓削(法1)がテクニカルフォール勝ちで2ー3とした。しかし後の2人が惜敗し、2ー5で敗北を喫した。関学は2部2位で今季リーグ戦を終え、1部昇格とはならなかった。
試合後のコメント
北條陸主将(法4)「2連勝で流れに乗ったまま最終戦を迎えることができたが負けてしまった。相手は体が大きく、フィジカルでは負けていたのであとは気持ちだけだった。チームの試合に臨む雰囲気はよかったと思う。4年生が3連敗し不甲斐ない気持ちでいっぱいだったが、花岡の勝利は本当にうれしく頼もしかった。高校はやらされる練習だったが、関学は自分で考えて練習に取り組めた分、成長できたしかけがえのない4年間になった。大学生活は短く、ただ練習していたらすぐに終わってしまう。後輩たちには目標を持って何をすべきかを考えてやっていってほしいと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です