【庭球部女子】 窪村惜しくも本戦出場ならず

20161130%E5%BA%AD%E7%90%83%E9%83%A8.jpg
<写真・ラリーを続けチャンスを待つ窪村>
 11月30日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、平成28年度全日本学生室内テニス選手権大会(予選)シングルス決勝が行われた。 関学からは唯一勝ち上がった窪村(国3)が出場。ファーストセットはサーブやストロークでつくった得点機をものにし6ー4とリードする。だがセカンドセットから調子を上げた相手選手に対応できなかった。2ー6、2ー6で敗北し、本戦出場とはならなかった  あすは同会場にてシングルス、ダブルス本戦1回戦が行われる。
試合後のコメント
窪村有真「 ファーストセットは前に出てポイントを重ねることができたが、セカンドセットから相手のサーブも良くなって勢いにおされてしまった。負ける試合じゃなかったので悔しい。この試合の反省を生かして新進では優勝を狙う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です