【庭球部女子】 ダブルス予選1回戦敗退

161128%E5%BA%AD%E7%90%83%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・試合中、笑顔を見せる藤原と山本>
 11月28日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、平成28年度全日本学生室内テニス選手権大会(予選)ダブルス1回戦が行われた。 関学からは山本(国4)・藤原(国2)が出場。関学から唯一の出場となったが、相手の球速についていけず、自分たちの攻撃を展開しきれなかった。3ー6、4ー6のストレート負けで初戦敗退となった。
 あすは同会場にてシングルス、ダブルス予選準決勝行われる。
試合後のコメント

山本澪「先にリードされてから自分のやりたいことをさせてもらえなかった。関学テニス部でテニス人生を終えられて良かった。頑張った分だけできること、応援してくれる人がたくさんいたから続けることができた」
藤原優美香「速くて低いボールを返球しきれなかった。自分のペースに持っていけなかった。きょうの反省を生かして、シングルスでもダブルスでも結果を残せるように頑張り たい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です