【重量挙部】  団体成績振るわずも収穫あり

161106%20%E9%87%8D%E9%87%8F%E6%8C%99%E3%81%92%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・関学からは最終出場者となった山名>
 11月6日、大阪府はびきのコロセアムにて平成28年度文部科学大臣杯第62回全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会2部(3日目)が行われ、関学からは94㌔級に山名(国3)出場した。
スナッチ C&ジャーク94㌔級
山名マイケル 100㌔ 130㌔=230㌔
59㌔級で初日に登場した池田(社1)が8位で5点、玉城(商3)が8位で2点を獲得。得点合計7点、最終順位は18位で今大会を終えた。
試合後のコメント
山名マイケル主将「(今大会は)自分だけ試技がよくなかった。最近フォームを変えて、この試合に間に合うか不安だった。それが失敗に繋がってしまったと思う。主将として次戦は必ず挽回する。全体的には順位はよくなかったが、全員がベスト記録を更新したのでよかったと思う。次戦の関西選手権は今回とは違い、勝負になるのでその大会に向けて良い経験となった」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です