【ラクロス部男子】 神大に勝利ならず関西4位で今シーズン終了

20161105%E7%94%B7%E3%83%A9%E3%82%AF.JPG
<写真・試合に敗北し、観客に挨拶をする和田>
 11月5日、鶴見緑地スタジアムにて第27回関西学生ラクロスリーグ戦ファイナル4準決勝(対神大)が行われ、関学は3ー12で敗北した。開始早々、神大に先制点を決められ、その後も連続得点を奪われるも、MF神田(商3)が公式戦初ゴールとなる貴重な1得点を決める。その後は両者一歩も譲らない攻防が続くも、神大の勢いのあるプレーを最後まで攻略できず、3ー12で試合終了。この試合をもって4年生は引退となった。
試合後のコメント
和田康平(総4)主将「力の差を実感した。神大の連動性に勝つことができなかったのが敗因だと思う。今年は1人1人が日本一を目指す気持ちが足りなかった。4年生の学年が逃げ続けてしまったのかもしれない。きょうで引退だがまだまだチームを変えるためにできることはある。後輩にはこの結果を一つのステップにして頑張ってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です