【ラクロス部女子】 圧勝でファイナル決勝進出へ

20161105%E5%A5%B3%E3%83%A9%E3%82%AF.JPG
<写真・プレーヤーオブザマッチに選ばれた松本>
 11月5日、鶴見緑地スタジアムにて第27回関西学生ラクロスリーグ戦ファイナル4準決勝(対関大)が行われ、関学は11ー5で圧勝し、ファイナル決勝進出が確定した。 開始50秒でAT松本(文4)が先制点を決め、その後もMF三浦(経4)、AT成地(法4)、MF細川(国3)が得点を決めるなど次々と得点ラッシュ。前半を7ー4で折り返し、後半も得点差を縮めることなく試合終了。11ー5で勝利した。次戦は11月12日、大阪府鶴見緑地グラウンドにて同大と対戦する。
試合後のコメント
成地夏美(法4)主将「きょうは入りがよく、流れが相手に向いたときもそのまま持っていかれずに戦うことができた。でもまだ甘ったれている部分があって、このままでは決勝で勝てないと思う。次戦は初戦で負けた同大だが、今までやってきたことを出せば負けるはずがないし、勝つ気しかしない。絶対に勝ちたいと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です