【ラクロス部男子】 創部初のB学生選手権は慶大に敗れる

20161022%E7%94%B7%E3%83%A9%E3%82%AF.JPG
<写真・試合後記念撮影をする選手たち>
   10月22日、神奈川県横浜FC東戸塚フットボールパークにてB学生選手権準決勝(対慶大)が行われ、関学は3ー12で敗れた。創部初のBの全国の舞台だったが、 第1クオーター(Q)1分から失点し、前半だけで8失点。だが、第2Q18分にMF江波戸(商3)、第3Q18分にMF佐藤(経3)、最終Q20分にMF田中(社2)がそれぞれ気持ちのこもったシュートを決め3点をもぎ取った。9点差で敗れはしたが最後まで執念のプレーを貫き、今年度のBチームは幕を閉じた。
試合後のコメント
綛谷泰正(社4)Bコーチ「実力の差は大きくあった。だが人数もそろわない苦しい環境の中で1年間本当にみんなよくやってくれたと思う。オフェンスもディフェンスも最後まで執念のこもったプレーを続けてくれて、点差以上の価値を見つけられた試合だった。Bチームが関東とできることは今までなかったから、この試合は必ず来年以降、みんながチームを引っ張る立場になったときに生きると思う。今日の経験を強みにして今後のラクロス人生に役立ててほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です