【フェンシング部】 エペ女子田村関西3位

20161020%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0.JPG
<写真・1年生で3位となった田村>
 10月20日、 京都府大山崎町体育館にて第66回関西学生フェンシング選手権大 会が行われた。第2日目の今日は男子サーブル、 女子エペの個人戦が行われ、男子は松下(人4) のベスト16が関学で最高の成績となった。 また女子はベスト8に伊東(教4)、三角(国3)、村上(商2) 、田村(国1)、桑田(理1)の出場選手全員が残った。 3位決定戦では田村が、村上との同校対決を制し、3位となった。 明日は男子エペ個人戦、女子サーブル個人戦、 フルーレ団体戦が行われる。
試合後のコメント
男子サーブルリーダー山形亮太郎(法3)「 正直結果には納得していないが、 インカレへの出場権を獲得できたので前向きに考えたい。 団体戦では3番手の子がけがをしてしまい、 チームとしては良くない状況だが、 個人戦での悔しさを取り返していきたい。 優勝目指して頑張ります」
女子エペリーダー三角理恵「 悔いが残らないように戦おうと思っていたので、 自分のやりたいようにできてよかった。 ベスト8に関学から5人も残ったのはびっくりしたが、 改めて関学は強いと思った。団体戦も優勝目指して頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です