【ラクロス部男子】  立命大に敗北し関西2位

20161015%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg
<写真・唯一得点を決めた井上>
  10月15日、立命館大学びわこ・くさつキャンパスにて関西学生Bリーグの決勝戦(対立命大)が行われ、関学は立命大に1ー5で敗北した。第1Q(クオーター)18分に先制点を決められ、プレッシャーディフェンスに打ち勝とうと反撃を試みるも、得点を奪えない。後半も両者無得点の状況が続き、残り5分でMF井上(社3)がミドルシュートを決めるも、そのまま試合終了となった。次戦は10月22日、関東の1位と対戦する。
試合後のコメント
Bコーチ綛谷泰正(社4)「Bチーム発足当時は人数も少なく、苦しい環境の中で練習してきた。その中で関学で初めて関東に行くことができてみんなの成長した部分を見ることができた。関東は未知の世界だが、勝って関学ラクロス部の歴史を作りたい。最後まで全力で戦いたいと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です