【ラクロス部男子】  京大に勝ち切り史上初のB学生選手権出場へ

161009%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・勝利が決まり、喜ぶ選手たち>
 10月9日、関西学院大学三田キャンパスにて関西学生Bリーグの関西準決勝(対京大)が行われた。第1Q(クオーター)10分AT並河(社2)が1on1からのシュートで先制点を奪うと、続く2点目も並河の右からの華麗なシュートが決まり、2ー1の1点ビハインドで2Qへ。11分にMF江波戸(商3)のランニングシュート、3QにはMF橋本(商2)のジャンプシュート、江波戸のミドルシュートが決まり5ー4で京大に勝利した。今試合の勝利により関学史上初のB学生選手権に出場が決まった。
試合後のコメント
Bコーチ綛谷泰正(社4)「ロースコアで攻めあぐねていたが、主力の選手が失点を防いでくれて粘り強く勝利できたと思う。ディフェンスが我慢して守ってくれたがオフェンスの判断が弱かったところが修正点。でも切り替えの速さの部分で強さを体現できたと思う。次戦も意地を見せて勝ち切りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です