【ラクロス部女子】 全勝中の関大に圧勝 ファイナル4進出決定

160925%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・2得点を決めた松本>
 9月25日、龍谷大学瀬田キャンパスグラウンドにて第27回関西学生ラクロスリーグ戦第4戦(対関大)が行われ、関学は9ー3で圧勝し、ファイナル4進出を確定した。
 前半からポゼッションを優位に進め、試合開始4分のMF青木(社3)のシュートから、AT松本(文4)のフリーシュートやMF今井(文4)のシュートが決まり前半を3ー2で折り返す。後半はMF細川(国3)が4得点を上げるなどして引き離し、9ー3で勝利した。次戦は10月2日、大阪大学豊中キャンパスグラウンドにて近畿大学と対戦する。
試合後のコメント

成地夏美(法4)主将「試合の入りは前回よりましになったと思うが、やはり後半の方がまだ動けている。ファイナル4進出は当たり前のことだが、全勝中の関大を圧倒できたことは収穫だった。初戦の関学とは違うということをファイナルで証明したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です