【硬式野球部】 立命大との初戦を落とし、今季初黒星も手応えあり

160924%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・今季2本目の本塁打を放ち、仲間とハイタッチする近本>
 
 9月24日、ほっともっとフィールド神戸にて平成28年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第4節(対立命大1回戦)が行われた。序盤から許したリードに一時は2点差まで詰め寄るも、最後は突き放されて3-8で今季初の黒星となった。
 関学は初回、先発の中内洸(国4)が連打で2死一、二塁のピンチを背負うと、2点適時二塁打で先制される。すぐさま1点を返し反撃するも、牽制死で流れを断ち切られた。3回には安打、野選が絡まり3失点。4回裏に近本(法3)のソロ本塁打などで2点を返し、流れが変わったかと思われたが、5回以降はチャンスをつくるもあと1本が出ず。6回には犠打、失策をはさんで5連打で3失点。これがダメ押しとなり、今季初の黒星を喫した。
 あすは10時30分より、同球場にて2回戦が行われる。
div id=”Book1_13122″ align=center x:publishsource=”Excel”>


  1 2 3 4 5 6 7 8 9
立命大 2 0 3 0 0 3 0 0 0 8
関学 1 0 0 0 2 0 0 0 0 3

【立命】〇東、山上、小橋-佐野
【関学】●中内洸、山口(社3)、佐藤(社4)、下山(教4)、朝倉(商3)ー浅尾(法3)
[本塁打]関学:近本
[二塁打]立命:辰己、池内、高島
試合後のコメント

竹内監督「完敗だった。今までこの立命大戦を目指してやってきたので、少し選手が気負い過ぎているかもしれない。明日は気持ちをリセットして試合に臨みたい」
岡山士朗(商4)主将「春に戦った時よりも力の差は感じなかった。相手投手の東は良かったが、それでもしっかり打てていた。やるべき事をやれば必ず勝てる。残りの2試合は絶対に勝つ」
4回裏、反撃のソロ本塁打を放った近本光司「負けたことは悔しい。エラーが点につながったり、最後の1本が出なかったり、課題が浮き出た試合だった。本塁打はランナーがいなかったこともあり、狙っていた。まだまだ調子はピークではないが、明日は点に絡めるようなプレーがしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です