【ボート部】 明日行われる敗者復活戦で巻き返し狙う

160922%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・レース後、悔しがるフォアのメンバー>
 9月22日、埼玉県・戸田ボートコースにて第43回全日本大学選手権大会が行われた。1日目となったきょうは、関学から女子シングルスカル、男子舵手なしペア、男子舵手つきフォアの計3艇が出場した。全国レベルの強豪が集う中、健闘するも出場全艇が予選落ちとなり、明日行われる敗者復活戦に臨む。
詳しい結果は以下の通り。
女子シングルスカル
高田
8分41秒71で5艇中4位
→敗者復活戦
男子舵手なしペア
{S山下(法4)・B深田(商2)}
7分48秒58で、5艇中5位。
→敗者復活戦
男子対抗舵手つきフォア
{S越智(経1)、3泉(法2)、2岸田(法2)、B八木(法4)、C来田(人2)}
7分9秒48で、6艇中5位。
→敗者復活戦
試合後のコメント
女子シングルスカルの高田有理奈「前半はすごく良いスタートが切れた。課題はコンスタント力。まずは準決勝に進まないと何も始まらないので、明日は、関学の代表として敗者復活戦で勝ち残り、必ず準決勝出場を決める」
男子舵手なしペアの山下颯斗「周りが強豪校ばかりだったので、順位は気にせず敗者復活戦につながるタイムを出そうと思って臨んだ。しんどくなった時にいかに粘れるかが重要。敗者復活戦は予選とほとんど同じ組み合わせなので、食らいついていきたい」
男子舵手つきフォアのC(コックス)来田圭司「全体的に動きがかたかった。普段より大きな会場で、全国という舞台に萎縮してしまっていたと思う。明日は、予選で出せなかったことを出し切りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です