【ヨット部】  女子イン2日目は強風で1レースのみ消化

9月18日、神奈川県葉山マリーナにて第25回全日本学生女子ヨット選手権大会2日目が行われなれ、470級が1レースのみ実施された。
台風の影響から非常に波の高い中で行われた今レース。前日に4位につけていた山下(社3)・関(国4)組が沈するなど苦戦を強いられ、第3レースを9位でフィニッシュ。3レースを踏まえ山下・関組が現在4位につけている。
470級第3レース着順
1位 早大
2位 鹿屋大
3位 日大
9位 山下・関組
22位 石川(国1)・本田(法2)組
3レース踏まえて
1位 早大 9点
2位 日経大 10点
3位 同大 19点
4位 山下・関組 19点
総合順位
1位 早大 21点
2位 日大 30点
3位 明海大 30点
4位 関学 42点
試合後のコメント
関友里恵女子リーダー「実力的には全国の選手たちに引けは取らないが、細かいミスが多かったせいで順位を上げられなかった。強風の中でも前を走れる自信はあるので、明日のレースは細かいミスをなくし、逆転優勝を目指す」
山下万里「大抵のミスは自分が原因。明日のレースも攻めの姿勢を忘れず、同じミスをなくして走れるようにしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です